スポンサードリンク

スポンサーサイト

level,genre:
category:/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外インターンシップ斡旋会社を利用するメリット

level,genre:英語でお仕事/
category:留学・インターンシップ/海外で働く

留学斡旋会社は沢山存在しますが、海外インターンシップを扱う会社はあまり多くありません。

その中で、海外インターンシップWorldは、アメリカをはじめとして、カナダ、オーストラリア、中国への有給、無給の様々なインターンシッププログラムを取り扱っています。
斡旋業者を通すという事は、色々手数料がかかります。

留学もそうですが、インターンシップも個人で手続きする事は可能です。特に無給インターンシップの場合、英語で先方とのやり取りが出来るのであれば、不可能ではありません。

NPO団体などのホームページでは常にインターンシップを募集していますから、そこでメールを送って直接交渉し始める事ができます。


ただ、個人でインターンシップの手続きをするには、会社との信頼関係や、ビザ等、留学以上に煩雑な手続きを必要とします。また、トラブルが起きた場合も自分で処理せねばなりません。

私の友人の例で言うと、無給インターンをした会社に、翌年有給インターンが出来ないか打診し、Jビザも発給されいざアメリカにやって来ました。

ところが、会社のオーナーに、「斡旋業者を通したらお金を払わなきゃいけないところを、得したのだから、1000ドルよこせ。」と言われたそうです。もちろん、現金の裏金。


全ての会社がこんな嫌な会社ではありませんが、個人で手続きする場合には、自分で何事も対処する覚悟を持つ必要があります。


また、海外インターンシップWorldでは、インターンシップ終了後、人材派遣・紹介予定派遣といった形で、日本での再就職の支援を無料でしています。

この点、とても心強いですね。


海外でインターンをして、現地でそのまま採用されるというケースや、他の会社に就職できると言うケースもありますが、中々難しいのが現状です。

日本に帰国した後、インターン経験が就職に生かされれば良いのですが、「空白期間」とみなされてしまう可能性もあります。

実際、私の友人でも(私自信もですが)、日本に帰国した後就職が出来るかどうか不安に思っている留学生は沢山います。



海外インターンシップWorldの無料資料請求・無料カウンセリングはこちらから。

↓お役に立てましたらランキング応援お願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ 英語学習ランキング

↓このページをブックマーク


Amazonの英語本

桜のサイト内検索

ブログ利用上の注意

ご紹介している英語教材と英語学習法は、私個人の英語学習経験に照らし合わせた、学習提案です。

特に明記していない場合、私個人は、各英語教材を所有しておりませんので、ご了承下さい。

検索フォーム
カテゴリ
ブログについて(4)
キャンペーン(1)
英語教材を購入する前に(12)
無料英語教材を上手く使う(6)
英語学習TIPS (23)
役立つ英語学習本
オバマ演説で英語を学ぶ
聞き流し系英語教材(1)
お手軽英語教材 (12)
イングリッシュ・キング
イングリッシュ・クイックマスターZero
もう一度英語ビジネスBasic
TOEIC(R)テスト 超入門キット
スラスラ話せる英会話
朝英語Biz
基礎力を作る英語教材 (23)
アルク 3ラウンド・システム
もう一度英語ビジネスChance
英会話コエダス
ロゼッタストーン
英語脳育成プログラム
最新記事
最新コメント
ブログランキング
ランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
英語学習ランキング にほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ

↓このページをブックマーク
レベル診断サイト
桜のサイト・ブログリンク
英語学習お役立ちサイト
英語学習お役立ちの無料サイト
桜厳選!です。
聞き取り練習用無料サイト発音練習お勧めサイトも参考に
桜お勧め海外ドラマ
留学・ワーホリ・海外研修
情報収集と適切な選択が成功のカギ
ブログランキング
逆アクセスランキング
クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。