スポンサードリンク

スポンサーサイト

level,genre:
category:/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外で働く

level,genre:英語でお仕事/
category:留学・インターンシップ/海外で働く

ワーキング・ホリデイやインターンシップという、海外で働く経験ができる制度があります。

仕事をするとなると、高度の英語力が求められると思う方も多いでしょうが、案外そうでもなく、語学研修コースを含んだビジネス専門学校や、海外研修生を受け入れている企業・団体などで、日常会話程度ができれば受け入れているところが沢山あります。

ワーキング・ホリデイと海外インターンシップの違いは、政府間の取り決めの違いによります。
ワーキング・ホリデイは、
「二国間の協定に基づいて、青年(18歳~25歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度」(Wikipedia)
です。

年齢制限、期間制限(原則最長で1年間)、国の制限があり、ワーキング・ホリデイ専用のビザが発行されます。目的は、労働だけでなく、国際交流という幅広いものです。


それに対して、インターンシップは、労働が目的です。ビザは、国によって異なりますし、無給・有給によっても扱いが変わってきます。


ワーホリにしろ、インターンシップにしろ、気をつけたいのが、勤め先。

勤め先が日系企業で、書類や電話応対以外は、英語を使わないという事が多く、「英語を使って仕事をすると思っていたのに、日本にいるのと変わらない。」と、何度か耳にしたことがあります。

ある程度英語にも自信があるから、せっかくなら仕事をしながら英語力に磨きをかけたい!という思いでいたのに、がっかりという方も多いようですね。


そうならない為にも、特に斡旋業者を通す場合は、インターンシップ先をしっかり確認するようにしましょう。

「英語もある程度しかできないから、日系の方がかえって安心」というのなら、話は別ですが、そうでない場合、インターン先をしっかり選ぶ必要があります。


語学学習だけでなく、仕事をするわけですから、目的を明確に持つ事も、インターン先選びの重要なポイントになります。

明日は、目的とインターン先選びのコツについてお話します。


↓お役に立てましたらランキング応援お願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ 英語学習ランキング

↓このページをブックマーク


Amazonの英語本

桜のサイト内検索

ブログ利用上の注意

ご紹介している英語教材と英語学習法は、私個人の英語学習経験に照らし合わせた、学習提案です。

特に明記していない場合、私個人は、各英語教材を所有しておりませんので、ご了承下さい。

検索フォーム
カテゴリ
ブログについて(4)
キャンペーン(1)
英語教材を購入する前に(12)
無料英語教材を上手く使う(6)
英語学習TIPS (23)
役立つ英語学習本
オバマ演説で英語を学ぶ
聞き流し系英語教材(1)
お手軽英語教材 (12)
イングリッシュ・キング
イングリッシュ・クイックマスターZero
もう一度英語ビジネスBasic
TOEIC(R)テスト 超入門キット
スラスラ話せる英会話
朝英語Biz
基礎力を作る英語教材 (23)
アルク 3ラウンド・システム
もう一度英語ビジネスChance
英会話コエダス
ロゼッタストーン
英語脳育成プログラム
最新記事
最新コメント
ブログランキング
ランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
英語学習ランキング にほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ

↓このページをブックマーク
レベル診断サイト
桜のサイト・ブログリンク
英語学習お役立ちサイト
英語学習お役立ちの無料サイト
桜厳選!です。
聞き取り練習用無料サイト発音練習お勧めサイトも参考に
桜お勧め海外ドラマ
留学・ワーホリ・海外研修
情報収集と適切な選択が成功のカギ
ブログランキング
逆アクセスランキング
クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。