スポンサードリンク

スポンサーサイト

level,genre:
category:/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英文法を学ぶタイミング

level,genre:
category:/英文法・英作文教材

決まり文句以上の英語を話したいならば、絶対に英文法を勉強する必要があります。

問題はいつ?学ぶか。

答えは2つ。
1 最初
2 途中

最後では無い事は確か。同じ方法で無いことも確かです。
最初に文法を勉強した方が良い方は、
中学英語も怪しい方
理屈先行型の方


自分が中学英語も怪しいかどうかは自覚できると思いますが、理屈先行型か否かはちょっと難しい判断ですね。

例えば、
I went to my friend's house yesterday.
I visited my friend yesterday.

何故 go には、前置詞 to が付いて、何故 visit には付かないのか、キチンと理屈を説明してもらわないと納得できないという方は、理屈派です。

そんな理屈抜きでリピーティング練習をして、「そういう風に使う」と飲み込む事が出来る人は、理屈派ではありません。

英文法学習で気をつけたいのは、難しいところまで一遍に勉強しない事。初めは、英語の基本構造、仕組みをとらえ、一歩一歩進みましょう。

理屈先行派でも、必ず勉強した文法事項のフレーズをしっかり聞き、繰り返し練習をする事。そうすると、理屈だけでなく、体も英語を覚えます。ある程度高いレベルの英文法を理解している理屈派は、その英文法レベルに「聞く」「話す」技術を合わせましょう。

英文法は「使えて始めて理解した」と言うべきで、仮定法のウンチクが語れても、それがすんなり使えないうちは「理解した」とは言えません。


理屈っぽいのは嫌い、go と visit の違いは「そういうもんだ」と思えちゃう、感覚派の方の英文法のべんきょうの仕方はどうでしょう。感覚派は英文法を勉強しなくても、どんどん英語が身につくか?というとそんなに英語は甘くありません。

感覚派でも、沢山聞き、沢山繰り返しの練習をして英語に慣れてきたら、「英文法」の勉強をすべです。

途中で英文法を勉強すると、「おさらい」的になります。始めに聞くと「ややこしくて嫌!」と思っても、感覚が掴めてきたところで説明を聞くと、「そうか!」と理解できてしまうものなのですね。

「何でそう使うのか」知ると、英語がもっと明確になりますし、応用力がつきますよ。表現の幅が広がりますし、テキトー英語から脱する事ができます。

そんなわけで、タイプによって、英文法を学ぶタイミングは違ってきますが、英語上達には必須の英文法学習。

学校英語とは違った角度から「使える英文法」を勉強するようにしたいものです。


明日は、一味違った英文法学習のできる、「中学英語も怪しい方」向きの英語教材、中学英文法3年間総復習セットについてお話します。

↓お役に立てましたらランキング応援お願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ 英語学習ランキング

↓このページをブックマーク


Amazonの英語本

桜のサイト内検索

ブログ利用上の注意

ご紹介している英語教材と英語学習法は、私個人の英語学習経験に照らし合わせた、学習提案です。

特に明記していない場合、私個人は、各英語教材を所有しておりませんので、ご了承下さい。

検索フォーム
カテゴリ
ブログについて(4)
キャンペーン(1)
英語教材を購入する前に(12)
無料英語教材を上手く使う(6)
英語学習TIPS (23)
役立つ英語学習本
オバマ演説で英語を学ぶ
聞き流し系英語教材(1)
お手軽英語教材 (12)
イングリッシュ・キング
イングリッシュ・クイックマスターZero
もう一度英語ビジネスBasic
TOEIC(R)テスト 超入門キット
スラスラ話せる英会話
朝英語Biz
基礎力を作る英語教材 (23)
アルク 3ラウンド・システム
もう一度英語ビジネスChance
英会話コエダス
ロゼッタストーン
英語脳育成プログラム
最新記事
最新コメント
ブログランキング
ランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
英語学習ランキング にほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ

↓このページをブックマーク
レベル診断サイト
桜のサイト・ブログリンク
英語学習お役立ちサイト
英語学習お役立ちの無料サイト
桜厳選!です。
聞き取り練習用無料サイト発音練習お勧めサイトも参考に
桜お勧め海外ドラマ
留学・ワーホリ・海外研修
情報収集と適切な選択が成功のカギ
ブログランキング
逆アクセスランキング
クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。