スポンサードリンク

スポンサーサイト

level,genre:
category:/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語らしい英語表現を身につける為に

level,genre:英会話独学術/
category:英語学習TIPS/役立つ英語学習本

英会話を独学で身につけようとしている方は多いと思います。「会話」は相手がいないと成り立ちませんが、「英会話学習」は訓練の要素がとても高いので、独学の方が効率的な訓練ができます。特に英語学習初期は、英会話スクールに通うよりも、ずっとお勧めなのが独学です。

ただし、独学には、独学で陥りやすい、注意事項があります。特に、英文法中心の学習や、日本語→英語の学習をしていると陥りやすいでね。

そんな独学で陥りやすい間違いを丁寧に解説してくれているのが、英語じょうずになる事典。時制や助動詞の使い方など、英文法学習ではわかりにくい部分や、日本語→英語表現の盲点が載っています。
英語表現の中には文法的には成立するけれど、英会話上使わないという事がとても多いです。特に、英文法参考書の例文は、会話表現としては極めて不自然な事も多々あります。

これは、日本語の英文法書に限らず、英語の英文法書でも同様です。私も、桜の英語教室で解説をしているのでいえるのですが、英文法解説を主な目的にすると、口語表現だけを使うのは中々難しいのです。

また、日本語から英語に直す勉強の仕方をしていると、奇怪な英語表現をしやすくなります。「コレって英語でなんていうの?」という学習方法よりも、色々な英語表現を身につけていくようにした方が間違う確率が少なくなりますし、英語感覚が身につきやすいです。


以上のような状況に加えて、、最悪なことに、出版されている本の中にも、間違った解説や、言わない口語表現が堂々と記載されている事があるのですね。

以前、"so what" という表現が「何それ!」と驚きを表すと間違って記載されている本を見かけて仰天した事があります。"so what?" は、「だから、何?」と、イライラや無関心を表す言葉。

「昨日ブラピとアンジョリーナ・ジョリーを見かけた!」と言われて、"So what?" と言えば、映画スターを見かけて興奮している相手を興ざめさせてしまうでしょう。まして、「何それ!」と驚きを表したかったとしたら、大変な誤解を生んでしまいます。


語学学習には間違いはつき物ですし、間違ったからこそ覚えられる事も沢山あります。ですから、「間違いを減らす」事を意識するよりも、「間違いを恐れない」事を意識した方が良い事は確か。

ただ、英語学習も中級レベルに入っていたら、英語じょうずになる事典をちらっと読んでみる事をお勧めします。

日本人の間違いやすい項目が、索引で見やすくなっていますし、英語表現を検索できるようにもなっているので、「あれ?この表現ってどんな意味だったっけ?」とか、「どっちの意味だっけ?」なんて時にも役立ちます。


サイト上で中身一部見られます。




↓お役に立てましたらランキング応援お願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ 英語学習ランキング

↓このページをブックマーク


Amazonの英語本

桜のサイト内検索

ブログ利用上の注意

ご紹介している英語教材と英語学習法は、私個人の英語学習経験に照らし合わせた、学習提案です。

特に明記していない場合、私個人は、各英語教材を所有しておりませんので、ご了承下さい。

検索フォーム
カテゴリ
ブログについて(4)
キャンペーン(1)
英語教材を購入する前に(12)
無料英語教材を上手く使う(6)
英語学習TIPS (23)
役立つ英語学習本
オバマ演説で英語を学ぶ
聞き流し系英語教材(1)
お手軽英語教材 (12)
イングリッシュ・キング
イングリッシュ・クイックマスターZero
もう一度英語ビジネスBasic
TOEIC(R)テスト 超入門キット
スラスラ話せる英会話
朝英語Biz
基礎力を作る英語教材 (23)
アルク 3ラウンド・システム
もう一度英語ビジネスChance
英会話コエダス
ロゼッタストーン
英語脳育成プログラム
最新記事
最新コメント
ブログランキング
ランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
英語学習ランキング にほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ

↓このページをブックマーク
レベル診断サイト
桜のサイト・ブログリンク
英語学習お役立ちサイト
英語学習お役立ちの無料サイト
桜厳選!です。
聞き取り練習用無料サイト発音練習お勧めサイトも参考に
桜お勧め海外ドラマ
留学・ワーホリ・海外研修
情報収集と適切な選択が成功のカギ
ブログランキング
逆アクセスランキング
クリック募金
クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。